--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-03(Wed)

BS20周年関連企画 ガリレオもびっくり!ハイビジョン宇宙館

「BS20周年関連企画 ガリレオもびっくり!ハイビジョン宇宙館」1日 BShi 20:00~
を観ました。

以下番組の詳細

2009年は“世界天文年”。「宇宙」をテーマに長時間特集をお送りする。
1609年、ガリレオ・ガリレイは、人類史上、初めて“望遠鏡”で夜空を見上げる。宇宙の謎の解明は、ガリレオの望遠鏡により本格的にスタートした。
1969年、テレビは人類が新たな1ページを切り開く瞬間をお伝えした。アポロ11号による月面着陸である。遠くに輝く月に、人々はテレビを通して、降り立ったのである。

ガリレオが望遠鏡で夜空を見上げてから400年、人類の月面着陸から40年、そしてBS開局20周年。「世界天文年」でもある2009年、BS開局20周年の初日は、NHKが誇る豊富なアーカイブスのなかから珠玉の映像を選び出し、星空のロマンや宇宙の神秘を、たっぷりとお楽しみ頂く。また、当日の星空を、最新の超高感度ハイビジョンカメラにて、生中継でお楽しみ頂く。
ガリレオが切り開いた宇宙の扉。そして、ハイビジョンがお茶の間へと伝えてきた宇宙や地球の姿。「宇宙ファンタジー」にたっぷりと浸りながら、宇宙のなかの地球や人間の存在に思いをはせる3時間。


Live放送でハイビジョン映像やCGを多用し、興味深い内容でした。

印象に残った内容は、大きな木星が無数の流星を吸収して、地球に降り注ぐのを防いでいる役目を果たしていて、木星が無かったら地球は今の千倍は隕石が落ちてきて生命は存在出来なかったかもしれないと言う研究者もいる事。

また、人類が解明してきた宇宙の現象は僅か4%だけと言われていて、暗黒物質や暗黒エネルギー等、研究者も皆目見当がつかない領域が多くあると言う事。

渡部潤一国立天文台天文情報公開センター長の解説が素人にも解り易くて楽しく、あっという間の3時間でしたよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

konan78

Author:konan78
Mac使ってます。散歩が好き。
音楽が好き。活字好き。家電好き。
旨いもの食べるのがすき。
甘いもの好き。
パチンコ好き。
自転車好きだけど腰痛。
マッサージが好き。
長野→東京→千葉の人。

基本的に、サイトでは楽しい事、
面白い事を書くようにしています。
コメント歓迎。
どしどし書き込んでください。

このサイトで楽しい時間を
過ごしてもらえますように。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
iTunes Store
FC2カウンター
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。