--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-23(Thu)

井の頭公園の切断遺体事件 公訴時効が成立

東京都三鷹市の井の頭公園で94年4月、近くに住む建築士川村誠一さん(当時35)の切断された遺体が見つかった事件は23日午前0時、未解決のまま発覚から15年が経過し、公訴時効が成立した。

 警視庁によると、川村さんの切断された遺体は24個のポリ袋に入れられて、公園内から見つかった。川村さんは遺体発見の2日前、JR新宿駅で元同僚と別れた場面が確認された最後の姿だった。

 同庁は捜査員延べ約3万7千人を投入。約250件の情報が寄せられたが、犯人逮捕に結びつかなかった。捜査1課の西沢康雄課長は「検挙できず非常に残念。被害者、ご遺族に申し訳ない。これまで多くの方々にご協力いただき、感謝申し上げます」と話した。

ソース:朝日新聞

10数年前井の頭公園の近くに住んでいて、遺体発見当日に現場に遭遇したので、この事件は今でも鮮明に覚えています。

事件のあった日は休日で、ラーメン生郎(当時はラーメン二郎吉祥寺店ですが)に行った帰り道、伊勢屋本店前に差し掛かった所で、上空のかなり低空を沢山の報道ヘリが飛んでいて、パトカーが何台も走ってくるし尋常じゃない雰囲気でした。

井の頭公園に入ると捜査関係車両が何台もあって、多数の警官と僅かな報道関係者がいました。この状況で殺人があったんだ、そしてまだ遺体発見直後と実感しました。

規制線越しに、遺体発見現場の池に架かる橋の側のゴミ収集所付近で座り込んでいる、第1発見者の清掃担当の女性に、捜査員が状況を聞いているのが見えました。

井の頭公園って、パチンコの帰りよく夜10時前後に通り抜けたことがあるのですが、人通りが全くなく街灯も少なめで不気味なんです。事件後公園内をパトカーが巡回してましたが、気味が悪くて暫く公園を迂回して帰宅してましたよ。

被害者のご自宅は通勤で使っていた井の頭線の側にあったので、車窓からどうしても目に入ってしまい、その度に事件を思い出してしまうんですよね。

事件直後から捜査が難航していると報道されていましたけど、時効成立には何ともやるせない気分ですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

konan78

Author:konan78
Mac使ってます。散歩が好き。
音楽が好き。活字好き。家電好き。
旨いもの食べるのがすき。
甘いもの好き。
パチンコ好き。
自転車好きだけど腰痛。
マッサージが好き。
長野→東京→千葉の人。

基本的に、サイトでは楽しい事、
面白い事を書くようにしています。
コメント歓迎。
どしどし書き込んでください。

このサイトで楽しい時間を
過ごしてもらえますように。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
iTunes Store
FC2カウンター
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。